タイムズカーシェアリングを選んだ3つの理由【使ってみた感想】



はじめに

私は普段は地方に住んでいますが、月に1回程度東京出張があります。
東京で仕事で車が必要になった時、いつもはレンタカーを借りていました。
今回は知人のすすめでタイムズカーシェアリングを使ってみました。

タイムズカーシェアの3つのメリット

タイムズカーシェアリングは従来のレンタカーよりメリットが大きいです。
私がタイムズカーシェアを選んだ理由を挙げてみます。

価格が安い

まず第一に価格が安いことが挙げられます。
6時間パックで4,020円(パック料金)です。
この時点で大手のレンタカー会社より安いです。
15分206円で短時間の利用も可能なので、すぐに返却したいけど最低3時間から・・・なんてことはありません。
しかもガソリン代も料金に含まれていますで、返却時にガソリンを入れる必要もありません。

どこでも借りれる

タイムズカーシェアリングで車を借りる時は、タイムズ駐車場に停まっている車を使用します。
このカーステーションは全国にあり、東京でしたらほとんどの駅近くにあります。
どこでも借りることができるのは大きなメリットです。

手続きが簡単

必要になったら専用サイトで予約ができて、駐車場に行けばすぐに車に乗り込むことができます。
返却時も駐車場も戻すだけです。
乗り込みまで早いのは助かりますし、煩わしい手続きもありません。

実際に使用した時の流れ

東京に出張中に車が必要だと分かったのは前日の昼でした。
明日の16時から車が必要となった!
実際に申込みから返却までの流れをご紹介します。

WEBから申し込み

タイムズカーシェアリングのサイトから新規申し込みを行います。
このサイトで申し込みを行ってから実際の店舗で運転免許証を確認後、会員カードが発行されます。

申込時にクレジットカードが必要となります。
クレジットカードを用意して必要事項を入力します。

12時から入力し始めて10分程度で入力完了です。

会員カードはタイムズステーションで即日発行可能です。
午後から川崎へ移動する予定がありましたので、会員カードの受取店舗をタイムズステーション川崎にしました。

受取時間を16時に指定してWEBから申し込みは完了しました。

カードの発行

仕事の打ち合わせも終わり16時前にタイムズステーション川崎に到着。
JR川崎駅から徒歩5分くらいの小奇麗なビルです。

受付の方にタイムズカーシェアリングの会員カードを受け取りに来たと伝えると、免許証の提示を求められます。
必要事項の記入と契約書にサインして待つこと、10分程度で会員カードが発行されました。

必要なのは運転免許証だけです。
本当にあっさり発行されました。

車を借りる

実際に車を借ります。

サイトからカーステーションを検索して車を予約します。
明日の12時から品川で検索すると数カ所カーステーションがありました。
ちょうど空いている品川駅前のホテルに隣接している駐車場で車を予約。
保険のオプションを選択して予約完了しました。

翌日12時前に予約したカーステーションに向かうと車がありました。

先程発行されたカードを車のリアガラスのセンサーにタッチさせると車のロックが解錠されます。

車に乗り込みダッシュボードからキーを取り出しエンジンスタートさせます。

あとは普通のレンタカーと同じです。
走り出しまで5分くらいでした。

車を返却する

車を元の駐車場に戻し、ダッシュボードの元の位置にキーを戻します。
ナビから返却時の案内が流れますので、迷うことがありません。

あとは借りたときと同じリアガラスのセンサーに会員カードをタッチして車を施錠します。

これでおしまいです。
2時間の利用で保険料込で2000円弱でした。

使用してみての感想

本当にこれで借りれるの?
今までのレンタカー屋での手続きは何だったの?
ってくらい簡単です。

時間も15分単位なので、短時間利用も気にしないで気軽に借りることも可能です。
出張中に「ちょっと車使いたい」って時に本当にありがたいサービスですね。

タイムズカーシェアリング







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする